四月の魚 −F−

フランスには「ポワソン・ダブリル」と呼ばれるイベントがある、ということを知ったのは2014年の4月。以来、4月には、魚の形の器をご紹介したい!と思い、2015年の4月から「四月の魚」をご紹介しています。「ポワソン・ダブリル」にはフランス語で「四月の魚」という意味があります。日本ではエイプリールフールとして馴染みのある4月1日、魚の形のパイを食べたり、子どもたちが魚の絵を描いた紙を、こっそりと大人の背中に貼るいたずらをしたり…等の風習があるのだとか。
色はレイクグリーン。湖の色のような、ツヤのある青味がかった緑色という感じです。
*ご覧いただいているページの「四月の魚」は、2018年4月から「四月の魚 - F」という名前に変更しました。フランスの「ポワソン・ダブリル」というイベントをきっかけにできた器なので「France」の頭文字"F"を。新しい「四月の魚」2種類は、日本の伝統工芸「印傳(いんでん)」の技法からヒントをもらって製作したので「Japan」の頭文字”J”をつけました。そんな風にシリーズ化できたら楽しそうだなと思っています。鱗をイメージしたかわいい模様を施しています♪
サイズ:縦11.5cm×横18cm×高さ2.8cm(*背びれ・尾ひれを含めた縦×横…14×21cm) よしざわ窯 陶器 益子焼 日本製
*よしざわ窯*さんの器は、どれも少しいびつです。「たたら作り」という手法で作っているこのお皿も、やっぱりちょっといびつ。多少、がたつきが見られるものもあります。「たたら作り」とは、簡単に言うと…1、良く練った土を、スライス状にする 2、その粘土を石膏型の上にのせて成形する という作り方。なので、ろくろ作りと違って、楕円や四角、花形など色々な形を作ることができます。
※この商品には梱包料が120円かかります。送料の中に含まれています。
型番 t3083
定価 1,296円(税96円)
販売価格 1,296円(税96円)
在庫数 在庫0客売切れ中
SOLD OUT

About the owner

メアリー・ブラウン雑貨店

2009年3月にオープンした雑貨店 メアリー・ブラウンです。 大阪市住吉区の住宅街で小さな雑貨店を しています。 パッチワークキルトなどの手作りと雑貨が好きで 何かを作りながら、お客さんをお待ちしています。 2階はちいさなギャラリースペースになっています。 レンタルスペースとしてお使いになれます。

Top